ピエール・ポーリンの商品一覧を表示しています。

ピエール・ポーリン 0件中1~0件表示中

現在、商品はございません。

ピエール・ポーリンのご紹介

1927年にフランス・パリで生まれたピエール・ポーリンは、60~70年代のフランスを代表するデザイナーです。パリのエコール・カモンド校で家具の伝統を学び、イームズやサーリネンなど、ミッドセンチュリーの代表的デザイナーの影響を大きく受けます。ピエールは、1954年よりフランスのトーネット社やオランダのアーティフォート社から家具を発表します。1965年には造形的なデザインと抜群の座り心地を実現した「リボンチェア」や、その翌年には「舌」を思わせる「タンチェア」など、自信の代表作を数多く世に出しています。ほかにも、ストレッチ素材の布を使った個性的な作品や、独創的な作品を輩出。国際インダストリアルデザイン賞の受賞経験もあるほど、その実力は世界中で認められています。

代表作の「オレンジスライスチェア」はファッション性に富んだ作品。それまでの家具にはなかったような画期的なデザインが美しく、その見た目はスライスしたオレンジの皮のようだと、ピエールの表現手法に高評価が集まりました。この作品はプライウッドのフレームにウレタンを張り込んで作られており、ミッドセンチュリーのデザインの味わいがあふれるつくりになっています。座り心地も抜群で、長く使える逸品です。

 総合人気商品ランキング

 新着商品