ミケーレ・デ・ルッキのご紹介

1976年イタリアフェッラーラに生まれたミケーレ・デ・ルッキは、建築、インテリア、グラフィックなど幅広いデザインを手掛ける、イタリアのデザイン界を代表するデザイナーです。1976年フィレンツェ大学建築学科卒業後、スタジオアルキミアに参加し1976年にはオリベッティ社のデザインコンサルタントに就任しました。1981年にはイタリアンデザイン「メンフィス」を結成し、毎年家具や照明器具などの新作を発表しています。1984年にはミラノにスタジオ・デ・ルッキを設立し、1990年にはプライベートブランド「プロドゥツィオーネ・プリバータ」を立ち上げるなど精力的に活動。現在はイタリア郵便局のインテリアデザインやイタリア皮革家具メーカー「ポルトロナフラウ社」からの新作など、国際的な活躍が目立っています。

彼の作品は個性的でスタイリッシュなデザインが多く、中でもフロアライト「アルテミデ」はシンプルながら、吹きガラスのような柔らかいラインが特徴的な作品。ほかにも「ファーストチェア」はポップなデザインが目を引く作品で、シュールで斬新なフォルムが多くのファンの心を捉えました。また、デスクライト「Tolomeo Tavolo LEDデスクライト」はどんな空間にもマッチする、スタンダードなデザイン。世界中で親しまれ続ける作品と言えます。

 総合人気商品ランキング

 新着商品