ヨーゼフ・ホフマンのご紹介

1870年、チェコのピルニッツに生まれたヨーゼフ・ホフマンは、ブリュンの国立工芸学校で学び、ヴュルツブルクの軍事施設建設局に勤めた後、ウィーンの造形芸術アカデミーにて研鑽を積みました。1897年にはクリムト、オルブリッヒらとともにウィーン分離派を立ち上げ、中心メンバーの一人として活躍しています。1899年以降はウィーン芸術工芸学校で教鞭をとり、その後1903年に銀行家フリッツ・ヴェルンドルファーやデザイナーコロマン・モーザーと共にウィーン工房を立ち上げました。1912年にはオーストリア工芸連盟の発起人の1人にもなっています。ホフマンは建築デザインもしており、「プーカースドルフのサナトリウム」「ブリュッセルの別邸」などが有名です。

家具の代表作は1910年にデザインされた「クーブスソファ」。量産可能な製品でありながら、1枚1枚の皮を縫製して中のウレタン材と縫い合わせてボリュームを出すなど手の込んだ構造が特徴で、ホフマンの傑作ソファとも言われています。高級感あふれるデザインとこだわりの造りが見る者を虜にする、名作です。1人掛けから3人掛けまで種類があるので、ライフスタイルに合わせて選べるのも実用性が高く魅力的です。

 総合人気商品ランキング

 新着商品